暗号資産・デジタル資産の世界の重要な課題は何か


暗号資産の市場規模は年々拡大を続け、2兆億ドルを超えるまでに成長しています。今や世界中で取引される金融のインフラとして存在感が増しています。

一方で様々な犯罪に利用されていることも事実です。
これまでに悪意のあるハッカーなどが暗号資産取引所、投資家、ユーザーから盗んだ暗号資産は数千億円と言われています。
また、テロリストの資金調達、ランサムウェアの支払いのインフラとしても広く利用されています。

サイバー犯罪者からどのように暗号資産を守ることができるでしょうか?
実際にハッキング被害に遭った際に、その行方を追う事ができるでしょうか?

悪意のある攻撃・詐欺不正から顧客を守るUppsala Security


Uppsala Securityは、暗号資産やその他のデジタル資産への悪意のある攻撃や詐欺不正から顧客を保護する為に開発された、クラウドソーシング型の脅威インテリジェンスプラットフォームです。

主な機能は以下です。

  • AML/CFT 、 KYC/KYT の取り組みへの支援
  • 暗号資産のトランザクションのトラッキングと可視化


Uppsalaが提供する4つのサービス


1.Crowdsourced Security Intelligence DBMS

Threat Intelligence DBMS TRDB は、暗号資産のウォレットアドレス、ソーシャルメディアのアカウント、URL/URI などのホワイトリストとブラックリストをクラウドソースで検証し、ブロックチェーンに保存して世界中で共有します。

2.Wallet Risk Analysis

Crypto Analysis RiskAssessment ( CARA は、選択された暗号ウォレットの取引履歴を分析し、機械学習を用いてウォレットのリスクスコアを生成します。 GUI と API にてアクセス可能です。

3.Analysis, Monitoring & Visualization of Crypto Transactions

Crypto Transaction AnalysisVisualization CATV )は、ブロックチェーン上を流れるウォレットの暗号化トランザクションを即座に分析、監査、監視、追跡し、可視化することができます。 GUI と API にてアクセス可能です。

4.Application Integration

Interactive CooperationFrame API( ICF APIは、ユーザーのソフトウェアアプリケーション と統合され、ブロックチェーン上に保存されている当社のセキュリティインテリジェンスを即座に照会することができ、プロアクティブなセキュリティを実現します。

詳細のご説明やデモのご希望は以下のフォームよりお申込みください。


Uppsala Security:https://uppsalasecurity.com/