【サプライチェーンリスクの可視化】BitSight Third-Party Risk Mangement(TPRM)キャンペーン

このキャンペーンでは、取引先3社までのサイバーリスクをBitSightのダッシュボード上で30日間無償モニタリングできます

このような方に是非試していただきたいキャンペーンです。

  • 新規の取引先のサイバーリスクを事前に知りたい
  • 重要な取引先のサイバーリスクを常に把握したい
  • サイバー攻撃でサプライチェーンが乱されるリスクを回避したい
  • サイバーリスク評価に興味はあるが、いきなり有償に抵抗がある

サードパーティーリスク管理(TPRM)プログラムを
今あるリソースで開始、強化、最適化

サプライチェーンのサイバーリスクを特定、分析し、リスクを可視化

企業・組織が抱える問題

昨今の組織にとってクラウド活用型テクノロジーやアウトソースは、事業の拡大、企業力強化の格好の機会となります。しかし、こうした機会にリスクはつきものです。サードパーティーエコシステムの拡大に伴い、サイバーリスク管理が必要であるという意識が高まります。アンケート調査や監査も有効な手段ですが、この種の情報は取引業者のリスクを任意の時点で反映したものにすぎません。組織には、取引業者のセキュリティパフォーマンスを継続的に計測・監視し、リスクを低減する自動化ツールが必要です。


BitSightのソリューション

BitSight for TPRMはサプライチェーンに存在するサイバーリスクを即座に洗い出してくれます。そのため、リスクの高い領域に組織内のリソースを重点的に割り振ることができ、また取引業者と協力することで、リスクの劇的な低減が期待できます。取引業者の最も高リスクの問題を洗い出す作業は、セキュリティインシデントが疑われる事案とリスク・セキュリティ専門家の関連コミュニティから得られるコンテキスト情報を関連付けしたデータに基づいて行われます。BitSightのお客様は、今あるリソースで、サードパーティーマネージメント(TPRM)の開始、拡大、最適化が可能です。

活用実績

データに基づく意思決定が可能に

外部業者との取引は、ときに大きなビジネスチャンスをもたらします。ただし、そのメリットはリスクを上回るものですか?BitSight for TPRMは、ある取引業者との取引に伴うリスクの評価が可能です。取引業者のセキュリティ体制を分析し、そこから得られた知見やデータをもとに、技術的詳細を経営トップにわかりやすい言葉で伝えることで、情報に基づくアウトカムベースの判断が可能になります。

スムーズな取引開始を支援

BitSight for TPRMは、取引業者の評価・取引開始までにかかる時間とコストを削減することでビジネスを加速します。取引会社を効率よく階層化するグループ機能、ワークフローの統合、リスク指標の詳細分析等により、TPRMプログラムのスケーラビリティが向上し、既知のリスクの影響領域を効率よく特定できます。また、継続的に監視を行うことで、取引のライフサイクルを通じたリスク管理が可能です。

TPRMプログラムを開始、強化、最適化する

BitSight for TPRMは、ベンダーエコシステム全体のサイバーリスク管理について、迅速かつ戦略的な判断を可能にするソリューションです。BitSight Security Ratingと併用することで、経営層や取引業者との効果的な話し合いが可能になり、今あるリソースを活用することでTPRMプログラムをスムーズに開始、強化、最適化できます。

BitSightのサービス紹介ページはこちら

自社のサイバーリスク評価に関するキャンペーンは以下の記事もご覧ください

BitSightに関するお問い合わせ

下記ボタンをクリックしてフォームよりご連絡ください。
ボタンをクリックすると外部サイト(kairos3登録フォーム)に移動します