Cyabraの対応範囲

SNS上の言論は、ボットやトロールアカウントによって操作されつつあります。偽情報や情報への不審がインターネットで広がることで、組織の風評や社会そのものに損害が及んでいるのです。

SNS分析プラットフォームであるCyabraは、SNS上でリアルタイムに行われている10億以上の交流をモニタリング・分析し、そこから悪意ある交流や偽アカウントの存在を発見することが可能です。

CyabraはAIドリブンのプラットフォームであり、多数のSNSにおける疑わしいコンテンツの検出・分析を行うことができます。

Cyabraは官民双方のSNS分析に関する需要を満たすことができます。Cyabraの分析機能は、アカウントの真正性算定やリスクの特定、機会の発見など様々な用途にご使用いただけます。 Cyabraを使用することで、以下の多種多様な分析を対象SNSに対し実施することが可能です。

CyabraはTwitter, TikTok, Telegram, Instagram, VK, Facebook, Reddit等の最も人気のあるSNSに対する分析を行うことができる他、ニュースメディアなどのWebリソースにも対応して情報を収集します。

Cyabraを利用することにより、ソーシャルメディアにおける議論を監視・収集・分析することができます。 内蔵の分析機能と機械学習技術により、検出された議論に関する情報を要約し、自動化された行動や偽アカウントの可能性を検出することができます。

Cyabraの分析により明らかにできること

関連するユーザー間の議論を検出することは、SNS 分析の最初のステップに過ぎません。Cyabra は、特定された会話を深く掘り下げ、そこに潜む以下のような重要な側面を理解することができます。

  • 真正性 – Cyabra は 200 以上の基準を各アカウントの活動に適用し、そのアカウントが一般的なユーザーか否かを判定します。また、真正性が低いと判断されるアカウントについては、その理由を参照することも可能です。特定のトピックに多くの真正性が低いアカウントが関与している場合、当該トピックに対しトロールファームの関与や情報作戦が行われている兆候である可能性があります。
  • センチメント – CyabraはSNS上の議論において共有される感情に関する分析を提供しており、日本語を含む多言語をサポートしています。トピックに対する感情の変化を観察することで、特定の情報に対する分析対象グループの反応を把握し、 その情報拡散の目的を推察することが可能です。
  • 感情分析 – 最も活発に活動しているユーザーや最も人気のある投稿、最も使用されている言語を検出することで、情報拡散に関する効果を推定し、SNS上の活動に関する重要な洞察を得ることができます。

ネット上のナラティブ、トレンド、コミュニティを理解することで、疑わしい情報の流布を検知するだけでなく、その拡散への対策に関する知見を提供します。

Cyabraは情報戦およびサイバーセキュリティの専門家が、公共言論を保護し改善することを目的に開発したAI SaaSプラットフォームです。