イベント
12月15日開催ウェビナー/受付中 【BitSight:年末恒例】第三回 サイバーリスクスレーティングで見る日本の脆弱性 ~この1年日本の脆弱性はどう変化したか?~

※過去にテリロジーワークスからのメールを受け取った事がある方、ウェビナー等のイベントに参加した事がある方はこちらの簡易フォームからご登録ください。 日本のサイバーリスクを世界各国と比較した検証結果を解説する年末恒例のウェ […]

脅威インテリジェンス
GitGuardianのBlog翻訳:トヨタ、GitHubでシークレットキーを誤って公開し、データ流出被害に

10月7日、トヨタは同社が提供するサービス「T-Connect」のソースコードのコピーが5年にわたって外部から参照できる状態にあったことを発表。ソースコードには、29万件を超える顧客情報へのアクセスが可能な認証情報が書き […]

脅威インテリジェンス
特別レポート:ダークネット上で現実のものとなっている中国・台湾の緊張状態

このレポートは弊社が米国のリサーチ会社に調査を依頼し、ペロシ米下院議長の訪台後、サイバーアンダーグランドで確認された中国と台湾の緊張関係をまとめたものです。ダークネット、ディープウェブ、高リスクの表層ウェブデータを活用し […]

ウェビナーなどの動画
ウェビナー動画特別公開
GitGuardian for Public GitHub Monitoringとその事例

2021年1月、日本国内において、ソフトウェア開発プラットフォーム「GitHub」へ企業内システムに関する一部ソースコードが流出している事実が報道されました。この問題は以前からリスクとして認識されている課題です。実際Gi […]

脅威インテリジェンス
企業向けシークレット検出プログラムを実装する –GitGuardian導入事例

この記事では、シークレット検出プログラムの実装により、お粗末なソースコードのシークレット管理に終止符を打ったGitGuardianのある顧客企業の取り組みについて説明します。 本記事は、GitGuardian社のホームペ […]

脅威インテリジェンス
ソースコードに書き込まれた大量のシークレット事案(インシデント)について調査、優先順位付け、修復を行う

この記事は、アプリケーション・セキュリティチームを対象に、ソースコードに書き込まれたシークレット事案(インシデント)の優先順位付け、調査、修復を効果的かつ大規模に実践する方法について解説します。 本記事は、GitGuar […]

脅威インテリジェンス
コラム:MITRE ATT&CKでセキュリティカバレージを可視化しよう
第3回 THXシリーズのカバレージ

このコンテンツは、2022年5月25日に実施したウェビナー「【サイバー攻撃分析の手法】MITRE ATT&CKにおけるNetwork Trafficの使い方~パケットやメタデータからわかること~」の内容をもとに加 […]

脅威インテリジェンス
コラム:MITRE ATT&CKでセキュリティカバレージを可視化しよう
第2回 Matrixでカバレージを確認しよう

このコンテンツは、2022年5月25日に実施したウェビナー「【サイバー攻撃分析の手法】MITRE ATT&CKにおけるNetwork Trafficの使い方~パケットやメタデータからわかること~」の内容をもとに加 […]

脅威インテリジェンス
コラム:MITRE ATT&CKでセキュリティカバレージを可視化しよう
第1回 MITRE ATT&CKの概要

このコンテンツは、2022年5月25日に実施したウェビナー「【サイバー攻撃分析の手法】MITRE ATT&CKにおけるNetwork Trafficの使い方~パケットやメタデータからわかること~」の内容をもとに加 […]