イベント
【6月21日開催ウェビナー/受付終了】ロシア-ウクライナ2022年:情報作戦の分析とその手法を解説

※過去にテリロジーワークスからのメールを受け取った事がある方、ウェビナー等のイベントに参加した事がある方はこちらの簡易フォームからご登録ください。 2022年2月24日に開始されたロシアによるウクライナへの侵攻については […]

イベント
5月25日開催ウェビナー/受付終了 【サイバー攻撃分析の手法】MITRE ATT&CKにおけるNetwork Trafficの使い方 ~パケットやメタデータからわかること~

※過去にテリロジーワークスからのメールを受け取った事がある方、ウェビナー等のイベントに参加した事がある方はこちらの簡易フォームからご登録ください。 サイバー攻撃を分析するための大切な情報源「MITRE ATT&C […]

イベント
保護中: 5月18日開催(招待制): ロシアのサイバー犯罪、中国APTの日本への攻撃、そしてロシア・ウクライナの情報作戦の最前線

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

イベント
4月26日開催ウェビナー/受付終了【緊急報告】サムスンのLapsus$ランサムウェア被害で露呈したソースコード漏洩リスクとその実態調査

多くの脅威アクター(サイバー犯罪グループなど)は、GitHubなどのパブリック等の開発環境はハッキングに有用なSECRET(APIキーやクレデンシャルなど)を狙って日々スキャンをしています。そしてそれらのSECRETが攻 […]

イベント
【3月24日開催/受付終了】 ソフトウェアサプライチェーンリスク対策 : GitHub、DockerHubに日々漏洩するSECRETの実態調査2022年版、その驚きの実態についての詳細をGitGuardianが解説

GitHubなどのパブリックな開発環境は、多くの脅威アクター(サイバー犯罪グループなど)にとって、攻撃に有用なSECRET(APIキーやクレデンシャルなど)を収集するための格好の情報ソースとなっています。彼らはそれらのS […]

イベント
【2月24日開催ウェビナー/受付終了】
攻撃者目線で考える脅威情報の活用と守備の固め方

サイバー戦は常に攻撃者優位と言われます。彼らはどのような視点・情報でターゲットを見定め、攻撃を企てるのでしょうか。そして私たちはその攻撃に対して、どのように守りを固めればよいのでしょうか。攻撃者目線で様々なアクターを分析 […]

イベント
【12月16日開催ウェビナー/受付終了】
BitSight :パンデミック下で猛威を振るったランサムウェアをサイバーリスクレーティングの視点から分析

ランサムウェアに代表される大規模なサイバー攻撃に世界が揺れた2021年、なぜ組織は被害に遭うのかという点について我々は検討を重ねました。攻撃者側のモチベーション、組織、バリューチェーン、利用するツール、暗号資産などの観点 […]

イベント
【12月8日開催ウェビナー/受付終了】
GitGuardian :ソフトウェアサプライチェーンリスクの観点で見るDockerのリスク

GitHubやDockerというツールは開発者にとって有用なツールであると同時に、サイバー犯罪者にとっても攻撃のための重要な情報ソースとなっています。サイバー犯罪者同士の情報交換の場として活用されたり、GitHubから収 […]

イベント
【11月2日開催ウェビナー/受付終了】
「新たなランサムウェアの脅威とインシデント対応の5つの間違い」

今年多くの被害をもたらしたランサムウェアの活動はいまだに衰えを見せず、新たなグループが台頭しています。日系企業の被害も後を絶たず、そのリスクはより深刻になっています。今回、特に活動が活発なLockbit及びBlackMa […]